リフォームや塗装で失敗しないためにも見積もりサービスを活用しよう!

リフォームや塗装に限ったことではないのですが、やはり失敗のリスクというのは常につきまとってくるものです。実際にリフォームや塗装に関する失敗談というのは数多く見られます。ただ、リフォームや塗装というのは決して安いものではありません。だからこそ、少しでも失敗するリスクというものを抑えていきたいものです。リフォームや塗装で失敗のリスクを抑えるためにも、見積もりサービスを活用していきましょう。

リフォームや塗装におけるよくある失敗

リフォームや塗装には失敗のリスクがつきものです。では、具体的にどのような失敗が考えられるのでしょうか?ここでは、リフォームや塗装におけるよくある失敗について触れていきたいと思います。

予期せぬ追加工事

まず挙げられるのが予期せぬ追加工事です。基本的にリフォームをするにしても塗装をするにしても、見積もりをとることになるかと思います。その見積もりの内容と金額でOKを出し、契約という形になってくるのですが、実際に工事を進めてみると追加工事が必要になったというケースは少なくありません。打ち合わせが雑なものであったり、業者の都合であったりすることもあるでしょうが、蓋を開けてみると劣化していたため追加工事をせざるを得なくなったということもあります。
確かに、リフォームや塗装に関しては実際に工事を始めてみないとわからないことはあります。大切なのは、もし追加工事が発生するとしたらどのようなものなのか、それにいくらかかるのかを事前に確認しておくことです。実際にやってみないとわからないという部分はリフォームに関しても塗装に関してもあるものですので、これは本当に誰にでも起こり得ることです。

見積もりの内容と違う

見積もりの内容と実際の工事が違うというのもよくある失敗です。もちろん、悪質な業者であれば最初からそのつもりで工事をしているということもあるのですが、優良な業者でも起こり得るものです。というのも、お互いの認識が違うために見積もりの内容と違うといったことが起こってしまうのです。
業者と打ち合わせをするときに「あまりしつこくしたら怒られるのではないか」といった不安から聞きたいことも聞けないままになってしまうという方は少なくありません。しかしながら、そういったところから来る確認不足で起こってしまう失敗でもあります。「大きな買い物になるので……」「大切な住まいのことなので……」といった前置きをして、安心できるところまで確認していきましょう。
直接の説明をしてもらわないというのは論外ですし、口頭での約束も危険です。口頭だと言った言わないの水掛け論に発展してしまうことが多いですし、基本的に大切なことはすべて書面に残すようにしたいところです。打ち合わせのときには確実に約束を取り付けたのに、それが肝心の現場に伝わっていないということもあります。

工期が伸びる

基本的にリフォームにしても塗装にしても、「○月○日に開始して、×月×日に完了予定で進めます」と工期が明確になっているものです。しかしながら、この工期が伸びてしまうこともあります。最近では異常気象が当たり前になりつつありますが、こういった天候の影響を受けることもありますし、工事を始めてから追加工事が必要になることが判明したということもあります。もちろん、業者の確認不足や現場での作業が遅いということもあるでしょう。
リフォームや塗装の工事にあたって、工事の期間だけ賃貸を借りて暮らすという方も多いでしょう。賃貸も期間を決めて入居することになるでしょうから、工期が伸びるとなってくると住む場所がなくなってしまう可能性も出てくるのです。ゆとりを持ってスケジュールを組み立てるのはもちろん、万が一を想定して「こういうことがあったらどれくらい工期が伸びるのか」という部分を事前に確認しておくと安心です。

希望通りの仕上がりではなかった

これも本当によくある失敗なのですが、実際に完成してみると希望通りの仕上がりではなかったということもあります。カタログなどで見るのと実物を見るのとでは印象が違ったという部分もあるでしょうが、業者とイメージの共有ができていなかったということもあるでしょう。
業者とのやり取りの中ではいろいろな言葉を使うことになるかと思いますが、言葉の受け取り方というのも人それぞれ違ってきます。例えば、「明るい感じ」といったときにそれこそ反射して眩しいくらいの明るさを思い浮かべる方もいれば、どちらかというとふわっとした柔らかい明るさを思い浮かべる方もいるでしょう。こういったちょっとした認識の違いからイメージの共有ができずに、希望していた仕上がりにならないということもあるのです。
色ひとつとってみても、近くで見るのと離れて見るのとでは印象がまったく違ってきますし、面積が広いのと狭いのとでも印象が違ってきます。感覚としてはウィンドウに飾ってあった服が素敵だからと購入したものの、家で着てみたらそうでもなかったというのと似ているかもしれません。

工事後のトラブル

リフォームや塗装の工事が終わった後で、トラブルとなることもあります。例えば、リフォームや塗装の工事完了後に雨漏りするようになった、ひび割れが見られるようになったといった話は珍しくありません。これはやはり業者の腕によります。もちろん、最初から適当に工事をして費用だけふんだくる気でいる悪質な業者もいるでしょうが、悪意がなくとも腕が悪いということもあるのです。
どちらにしても、リフォームや塗装をお願いした側にとってはたまったものではありません。リフォームや塗装を依頼するのであれば、信頼できる腕のいい業者を見つけるようにしたいものです。「感じがいいから」といった表面的な部分ではなく、それこそ第三者のお墨付きがあるくらいの実績のある業者を選んでいきましょう。

相場よりも高いことに後で気づいた

リフォームや塗装の工事が終わった後で、何となく費用を見直してみたら相場よりも高かったということでショックを受ける方も少なくありません。もともとリフォームや塗装には一般的な商品やサービスのように定価というものがありません。そのため、業者によって金額は違ってきます。ただ、その中でも相場というものはあります。
悪質な業者だとわからないことをいいことに、相場以上の金額で質の悪い工事をすることもあります。いかにも割引をしている風な口ぶりで実際には割引が一切ないようなこともありますので、相場を知るためにも見積もりサービスを積極的に活用していきたいところです。いろいろな業者の見積もりをとり、比較することで相場もわかるようになるのです。

見積もりサービスの活用で失敗のリスクを避けよう!

先ではリフォームや塗装におけるよくある失敗についてご紹介しましたが、これらは本当に誰にでも起こり得るものです。ただ、これらの失敗にはある共通点があります。それは客観的な意見をもらっていないという部分です。
基本的にリフォームや塗装を考えている方で、リフォームや塗装に詳しいという方はそうそういないでしょう。ほとんどの方がよくわからないからこそ、業者の言うままに業者に任せてしまうという形になるかと思います。変な言い方をすると業者から入ってくる情報がすべてであると思ってしまうのです。業者は業者で自分に有利な方向に持っていこうとする部分がありますので、そうならないためにも客観的な意見が必要になってくるのです。
見積もりサービスであれば最初から優良な業者のみが揃えられていますので悪質な業者に当たることはありませんし、第三者による客観的な意見も得られます。優良な業者から見積もりを得ることができ、その上で第三者による客観的な意見を得られるわけですから、よくある失敗も起こりにくくなります。リフォームや塗装の際には、積極的に見積もりサービスを活用していきましょう。

おすすめ記事