誰もが初心者!外壁塗装の見積もりで失敗しないために必要なこと

外壁塗装を行う際、事前準備として見積もり依頼を出すのが基本です。
先だって料金の総額や内訳などを確認しておかないと、予想外の費用請求に見舞われトラブルに発展する可能性もあります。
明確に費用を確認することで無用なトラブルも防止できるはずです。

ただ、見積もり依頼をする場合のやり方が良くないとどのみち不都合が生じる恐れもあるため、ポイントを押さえた依頼を心掛けることが大事です。

外壁塗装の正しい見積もり

正しい方法としては、複数業者から見積もりを出してもらうことと言えます。

そもそも見積もりを出してもらうのは、料金の総額を知る以外にも、適正な料金なのかどうかをジャッジするためという目的もあります。
料金内容は各業者によって違っていますので、高いところもあれば安いところも存在するのです。

そして、中には不当に高い請求をしてくる悪徳業者もいます。
そのような被害に遭わないためには、依頼者側がしっかりと相場を知ることが重要であり、外壁塗装にはどの程度の費用が掛かるものなのかを、複数業者から見積もりを出してもらうことでリサーチするのです。

一社だけで決めようとすると、見極めが上手くできず失敗する可能性がありますので注意が必要であり、それが間違ったやり方とも言えるでしょう。

明確な見積もりを作成してもらうのも正しい方法のひとつのポイントです。

料金を確認するための役割があるのが見積もりですが、ただ、総額が分かるだけの記載内容になっているのは良くありません。

業者によっては細かい部分の内訳を明らかにすることなく、全体の額でしか表記していないこともありますが、そのような内容では本当に適切な金額なのか判断が難しくなります。
一式でまとめられている項目に、上乗せ費用が発生している可能性もあるため、細かいところまで明らかにされていない場合は注意が必要です。

外壁塗装の間違った見積もり

間違った見積もりのやり方としては、値引き重視で業者に依頼しようとすることです。

できるだけ外壁塗装を安く済ませたいというケースもあると思われますが、そうした場合に実践されることが多いのが値引き交渉です。
業者としてもそういったケースに遭遇することもありますので慣れているはずですが、だからと言って強引に値引きを迫ってしまうのは良いやり方とは言えません。

仮に見積もりを改めてくれるにしても、もしかしたら必要な費用まで削られてしまう恐れがあるのです。
また、業者としても儲けが少なくなることでやる気がなくなったり、手抜き作業に繋がってしまったりする可能性もあります。

つまり本来得られるはずの施工品質が、無暗に値引きをし過ぎたことで失われてしまうことになり兼ねません。
それによって肝心の外壁塗装の仕上がりが悪くなるようでは本末転倒ですよね。

値引き交渉を行うこと自体は良いにしても、あまりにも安さばかりを重視するのも要注意ですので、複数業者から見積もりを出してもらい、相場から著しく離れない内容での交渉に留めるのが無難であり、上手な値引き交渉と言えます。

まとめ

外壁塗装において見積もりのポイントは、料金を知ることとともに、料金相場・費用の相場を知ることにあります。
相場を知るためには、いくつかの業者で見積もりを出してもらうことが重要です。

また、強引な値引き交渉も控えるようにしましょう。
お目当ての業者との値引き交渉にも使えるので、複数の業者への見積もりは必ずとるようにしてくださいね。

おすすめの記事